本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

亀山市総合環境研究センター 亀山市総合環境研究センター亀山市総合環境研究センター

亀山市総合環境研究センター長 朴 恵淑(ぱく けいしゅく)

亀山市総合環境研究センター」は、亀山市の環境・文化・健康を縦横につなげる「亀山学」を構築し、運営しています。「亀山市民大学キラリ」は、これまでのかめやま環境市民大学を発展させた環境・文化・健康分野の人材育成を行う学習の場であります。毎月1回の講習や特別講演会の開催、シャープ(株)との連携による中・高校での出前講座など産官学民の連携によって現在を生きる知恵を学び、未来へつなげる方法を探ります。世界一の環境先進都市、文化都市、健康都市を目指していく亀山市の主役は、亀山市民であります。常に学び、実践できる拠点としての「亀山市民大学キラリ」を積極的に利活用していただきたい。「亀山市総合環境研究センター」は、亀山市の過去を知り、現在を生き、未来像を具体化していくトップランナーをこれからも 担っていきます。

朴 恵淑センター長
三重大学人文学部・地域イノベーション学研究科教授

            亀山学の紹介       

お知らせtopics    

亀山市民大学キラリ「平成28年度開講式、特別講演会」について

「亀山市民大学キラリ開講式、特別講演会」の日時は、6月18日(土)13時30分~16時、会場は「中央コミュニティセンター」です。朴恵淑センター長による開講式の後、「亀山とリニア新幹線」をテーマに特別講演会とパネル討論を行います。詳細は4月中旬にご案内いたします。

「亀山学」発刊について

亀山市総合環境研究センター設立10周年記念として「亀山学」を発刊いたします。発刊日は平成28年3月20日、A5判上製 240ページ 定価2800円+税です。目次、著者等詳細は「キラリ通信第7号」に掲載しております。尚、市役所、図書館、公民館、学校等で閲覧できるようにいたします。是非、ご覧ください。

「亀山市民大学キラリ」市民記者募集について

「亀山市民大学キラリ」市民記者の募集をいたします。募集期間は平成28年3月20日~4月20日です。募集人数は1名です。亀山市の環境、亀山市民大学キラリ等をセンターと共同で取材して頂きます。任期は、平成28年5月1日~平成29年3月31日です。応募、詳細のお問い合わせはメールまたは0595-84-3611までお願いします。

                              過去の記事①   過去の記事② 

新着情報news

2016年4月7日
2016年度亀山市民大学キラリ講座内容を掲載しました。
2016年4月3日
亀山市民大学キラリ活動報告書2015Vol.5を掲載しました。
2016年3月7日
ニュースレター「キラリ通信7号」を掲載しました。
NEWS LETTER
創刊号  第2号  第3号  第4号  第5号   第6号  第7号            

                             過去の記事①   過去の記事②

亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611