本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

NEWS LETTERreport

「亀山市民大学キラリ」市民記者活動内容

活動報告写真

「亀山市民大学キラリ」市民記者の皆様は、センターが発行するニュースレター「キラリ通信」にセンターと共同して、亀山市の環境に関する話題や「亀山市民大学キラリ」等を取材し記事を提供しています。
市民記者コメント
草川喜種さん  「キラリ市民記者として思うこと」
キラリ市民記者になって早や5年経ちました。当初は四季折々の題材を探して義務感や勢いで記事を書いていた感がありましたが、今は自分が見聞きして感銘を受けたことを中心に記事を書き、それを是非とも他の人にも知ってもらいたい、伝えたいという意識が強くなっています。亀山にはすばらしい「環境」、「文化」、「歴史」があり、それらを脈々と伝承し活躍されている人がたくさん住んでおられます。これからも地元亀山のことをもっと多くの人々に興味を持っていただけるように、解りやすい内容の記事作成を心掛けていきたいと思っています。   
市民記者コメント                        
尾ア末廣さん 「キラリ市民記者へのお誘い」
亀山市総合環境研究センターではキラリ市民記者を募集しています。ところで、記事の取材や作成は経験が無く難しいのでは、と思われていませんか。 そこで、私の記事作成の一部を紹介します。最初の作業は、記事の「種」をキャッチすることです。この「種」は日ごろ何気ない日常会話の中に潜んでいます。また、事務局からも「種」はいただけます。次に取材です。取材に応じていただく方はほとんど初対面の方ですが、大抵の皆さんは親切に詳しく応えて頂けます。最後に記事の作成ですがどうしても体裁を意識してしまいます。意識しすぎるといつまでたっても完成しません。誤字脱字さえなければOKと割り切っています。皆様、気軽に奮ってキラリ市民記者にご参加ください。 ところで、女性の方もぜひキラリ市民記者にご参加ください。きっと、男性記者には気付かない視点から一味違う内容の記事ができると思います。

キラリ通信第8号

活動報告写真

内 容
・1ページ
金王道整備保存会に聞きました
・2ページ
東海道関宿街道まつりで「エコライフ診断」が行われる
・3.ページ
みえ環境フェア2016開催


キラリ通信

創刊号  第2号  第3号  第4号  第5号  第6号  第7号  第8号



亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611