本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

活動報告report

日韓青少年ウォーターフォーラム

日時/平成28年7月26日(火)〜7月29日(金)
場所/大韓民国 京畿道 水原市(スウォン市)

日韓ウォーターフォーラムとは

 日韓ウォーターフォーラムとは、日本と韓国の学生が交流を図ることにより国際感覚を養い、見識を広めるとともに、水環境保全、ひいては地球環境保全の重要性を認識し、今後のさらなる創造的な環境活動につなげていくために開催されるものです。
 このフォーラムは、水原河川流域ネットワーク(スハネット)が主催しており、韓国の水原市(スウォン市)で行われます。
 亀山市総合環境研究センターは、水環境保全、しいては地球環境保全の重要性を認識し、今後のさらなる創造的な環境活動に繋げる。韓国の生徒との交流を図ることにより、国際感覚を養い、見識を広めるとともに、異文化を体験し、将来の生き方を考える。韓国と日本の関係を学習し、高校生として日韓友好や平和について考える契機とする。といったことを目的として、4名の高校生をこのフォーラムへ派遣しました。


市長表敬訪問

 
平成28年7月14日(木)に、フォーラムへ参加する4名が市長を表敬訪問しました。




日程とプログラム内容


■1日目


・開会式
・基調講演「水と気候変化」(エネルギー気候政策研究所エネルギー市民センター長 イジンウ氏)




 1日目には、開会式の後に「水と気候変化」というテーマで気候政策研究所エネルギー市民センター長のイジンウセンター長より基調講演があり、水環境の知識を深めました。

■2日目

・グループ討論
・事例発表 韓国の3事例、日本の2事例
・世界文化遺産 華城と水原川の見学




 2日目には、テーマ毎にグループを作り、討論をしました。テーマに関連した施設を見学するなどして、多角的な視野からテーマを検証しました。
 また、日韓水環境の事例発表があり、韓国の事例が3つ、日本の事例が2つ発表されました。日本の発表では、今回派遣した亀山高校の生徒も発表を行いました。

■3日目

・見学 気候体験館
・グループ討論




 3日目には、気候変化体験館へ行き、日本と韓国だけでなく、世界の水環境についても学びました。
 その中で、石灰・石・砂などを使って飲めない水を飲める水にする浄水の勉強もしました。

■4日目

・グループ発表
・閉会式





 4日目には、グループでの発表を行いました。それぞれのグループが発表をして意見や考え方を共有し、審査委員の方々から評価を受けました。
 閉会式では、感謝状と修了証の授与が行われ、日韓ウォーターフォーラムの全日程を終了しました。


ウォーターフォーラム報告会

 平成28年9月1日(木)に、日韓ウォーターフォーラム参加者の報告会が開催されました。

  日韓ウォーターフォーラム報告会資料(PDF)




参加者の感想

■竹内 朝香(亀山高校3年)

 四日間は長いようで本当に一瞬でした。日本に帰ってからしばらくの間SNSで連絡を取り合っていた子もいて、改めて出会いは大切だということを実感しました。自らの課題にしていた自分の意見をしっかり周りに伝えることもできました。
 今回このフォーラムに参加できたことを本当に感謝しています。

■谷口 倫太郎(亀山高校3年)

 僕は日本で環境生態学に関する研究や調査に小学生のころから参加していて、今回の日韓フォーラムで今後の活動に生かせる何かを得られるのではないかと思い参加しました。韓国の学生達と意見交換して、発表することができるかどうか心配でしたが韓国の環境にもすぐ慣れることができて、友達もたくさん作ることができ、無事に発表することができたので僕個人としてはとても有意義なフォーラムになりました。
 今回の日韓フォーラムで学んだことを今後に生かすためにもこれからも勉強と活動を両立しながら頑張っていきたいです。

■表谷 奈帆(亀山高校3年)

 韓国に行く前は、意見を言うことができるか、韓国の子たちとうまくやっていけるかがすごく不安でした。でも、実際に行ってみると皆明るく積極的に接してくれて、自分から意見も言えたし話しかけることもできたので良い経験になりました。
 事前学習やフォーラムで学んだことを将来に生かしたいです。

■山田 星来(亀山高校3年)
 今回のフォーラムを通じて初日は言語が通じず話すことすらできなかった韓国の子とも最終日にはジェスチャーや英語で会話のやりとりができ、友達になることができました。
 水環境について学ぶだけでなく韓国の友達を作るのも日本ではあまりできないことなので、とても良い経験になったと思いました。この経験を自分の進路へと繋げていきたいです。


亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611