戻る





日 時  平成25年9月7日(土)、8日(日)、15日(日)、16日(月)、21日(土)、22日(日)
  
      全講座10時~12時  

      尚、16日(月)の講座は、台風18号の接近により中止しましたが、21日と22日の

      講座に16日のテーマを反映させました。

場 所  会場は「あいあい」、最終日は亀山市役所で開催しました

講 師  川口 淳さん (三重大学大学院工学研究科准教授・
                三重大学地域圏防災・減災研究センター社会連携部門長)  
 
講 師  水木千春さん(三重大学国際交流センター・三重大学国際交流コーディネーター)


        
                  

講義概要

多数の皆様のニーズにお応えして、予期せぬ災害時に自分と周りの人のいのちを守る方策を6回シリーズで開催しました。

亀山市が抱えている地震のリスクを正しく理解し、どのように対応すべきなのかを、座学とワークショップで学びました。

9月7日(土)  巨大地震に備える  (川口 淳さん)

9月8日(日)  防災マップを利活用するための読図講座(水木千春さん)

9月15日(日) 災害図上訓練(DIG)  (川口淳さん)   

9月16日(月) 簡単なGPS機能等利用のためのスキルアップ講座(水木千春さん)  

9月21日(土) 子どもの安心安全なくらしのための講座 (水木千春さん)

9月22日(日) 避難経路・避難場所は本当に安全か~家族や知人と情報共有すべきいくつかのこと~(水木千春さん)

      

講座終了後、朴恵淑センター長より、修了証書が授与されました。



        


                       ワークショップの様子                                


         

                       ワークショップの様子


          

                            修了証書授与