本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

亀山市民大学キラリschedule

亀山市民大学キラリ講座案内


平成27年度9月講座

      



●演 題 「防災の視点を交えた文化・福祉のまち、関宿を創る」   
●講 師 朴 貞淑さん(CREA総合環境研究所所長)
     水木千春さん(三重大学地域圏防災・減災研究センター特任助教)●内 容 防災の視点を取り入れたユニバーサルデザインのまちづくり 
●日 時 平成27年9月27日(日)9:30〜12:30  
●場 所 関宿、関支所

平成27年度8月講座

      

●演 題 「親子で工場見学」               
●講 師 シャープ(株)亀山工場担当者            
●内 容 太陽光発電の仕組み他環境学習            
●日 時 平成27年8月6日(木)@10:30〜 A13:30〜  
●場 所 シャープ(株)亀山工場


平成27年度7月講座

      


●講 師 鈴木康文さん(有限会社ひのでやエコライフ研究所代表取締役) 
●演 題 「くらしのアドバイザー養成講座」       
●日 時 平成27年7月11日(土)10時〜16時 
●場 所 三重県立亀山高等学校 第一情報室


平成27年度6月講座




●講 師 伊藤達雄さん(三重大学名誉教授 都市環境ゼミナール会長)
●演 題 「リニア新幹線が新しい日本をつくる、地域を変える」    
●日 時 平成27年6月19日(金)19時〜20時 
●場 所 総合保健福祉センターあいあい
● 講演概要 
 1964年、東京オリンピックで来日した外国人を驚かせたのは新幹線であった。欧米では航空機と自動車が新しい基幹交通機関で、鉄道の時代は終わったとされていた。現在の日本の繁栄は新幹線なしには語れないし、シンカンセンは今や国際語である。その第2世代ともいえるリニアが2027年に東京―名古屋を40分で結び、さらに2045年頃には大阪までを60分で結ぶと云う。その頃の日本列島はどんな姿になっていて、その線上に位置する亀山はどう対応すべきなのか。そんな課題を整理して、語り合ってみたい。


      

平成27年度開講式

      


●講 師 朴 恵淑センター長(三重大学理事・副学長)       
●演 題 「亀山学」       
●日 時 平成27年6月19日(金)18時30分〜19時 
●場 所 総合保健福祉センターあいあい


                                   
 

亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611