戻る






日 時  平成26年1月19日(日)
  
     13時30分~16時

場 所  亀山市文化会館大ホール

 

第一部 亀山市民大学キラリ講演会

講 師 竹村洋輔さん(三重大学大学院医学系研究科家庭医療学教授) 

演 題 市民が健康でいるために
     ~医療に求められていること、行政に求められていること、
      そして市民に求められていること~ 

日 時 平成26年1月19日(日)13:30~14:20  


内容

平成23年6月三重大学医学部による地域医療学講座が設置され、市の地域医療の

再生及び地域住民の保健に関わる調査・研究が行われてきました。

その経緯や成果を、亀山市民大学「キラリ」の特別講演として発表していただきました。




第二部 「シンポジウムみんなで守ろう三重の医療」
    わたしたちの地域の医療をいっしょに考えてみませんか

コーディネーター 
  朴恵淑さん(三重大学理事・副学長)

パネリスト
 櫻井義之さん(亀山市長)
 佐々木孝治さん(三重県健康福祉部医療対策局医療政策総括監兼次長)
 伊藤正明さん(三重大学医学部附属病院 病院長)
 今井俊積さん(亀山市医療センター院長)
 竹村洋輔さん(三重大学大学院医学系研究科家庭医療学教授) 
日 時 平成26年1月19日(日)14:30~16:00
 

  ◆シンポジウムは、三重県、三重大学との共催で開催しました


内容


三重県の「みんなで守ろう!三重の医療」啓発キャンペーン事業とタイアップして

シンポジウムを行い、地域医療の危機的現状と医療資源の大切さを理解していただく

機会としました。

      




        


            
            講演会の様子                     


         
        
                

    
                   シンポジウムの様子