本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

活動報告report

平成26年度亀山市民大学キラリ「10月講座」

日時/平成26年10月11日(土)9時30分〜12時30分 
場所/関支所、関宿 
 


◆演題「防災の視点を交えた文化・福祉のまち、関宿を創る」
◆講師 朴 貞淑さん(クリエイ総合環境研究所 所長)
◆講師 水木千春さん(三重大学地域圏防災・減災研究センター特任助教)  
◆講座の主な内容  
バリアフリーとユニバーサルデザインの視点で歩く関宿    
IT技術を活用(GPSなど)した防災・減災の視点でまち並み調査      
バリアフリー及び避難・防災マップの作成                
関宿の伝統的まち並み等の地域資源及び魅力の再発見      
◆朴貞淑先生、水木千春先生の座学の後、グループごとに、防災とバリアフリーとユニバーサルデザインの視点で関宿を歩き、伝統文化の継承・福祉のまち、避難・防災活動がしやすいまちづくりの提案をまとめました。
   

講座の様子


亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611