本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

活動報告report

平成26年度亀山市民大学キラリ「特別講演」

日時/平成26年11月24日(月)13時30分〜15時 
場所/亀山市中央コミュニティセンター 
 

◆演題「健康に生きる〜体を大切に使いましょう〜」
◆講師伊藤 正明さん(三重大学医学部付属病院 病院長 三重大 学大学院医学系研究科循環器・腎臓内科学 教授) ◆講演概要  
 2013年、日本人の平均寿命は男性が初めて80歳を超え80.21歳、女性は過去最高の86.61歳となり、日本は世界を代表する長寿の国となっています。しかしながら、健康であると自覚できる期間“健康寿命”は、これらの値より10年前後短いのが現状です。今後、平均寿命はさらに延びると予想されますが、それと共に健康寿命を延ばしていくことが豊かな人生を送る上で大切です。健康を脅かす主な病気に、ガンとならび脳卒中や心筋梗塞、心不全などの循環器系疾患があります。これらは、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が原因で起こりますが、生活習慣病は生活習慣の改善により予防・治療が十分可能な病気です。健康に生きるためには、生活習慣病を理解して、予防、治療に心がけ、生命活動の原動力である体を大切に使うことです。
◆健康維持のためのポイント  
適正な体重の維持    
禁煙      
定期健康健診の受診  
   

講座の様子


亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611