本文へスキップ

亀山学を構築し運営する Kameyama City Environmental Research Center

活動報告report

平成26年度亀山市民大学キラリ「1月講座第2回」

日時/平成27年1月23日(金)18時30分〜20時30分 
場所/亀山市総合保健福祉センター
 

◆ワールドカフェ 『「地域医療のこれから」私たちができることって何だろう?』
◆ファシリテーター  
森 洋平さん(三重大学附属病院総合診療科助教)       
家 研也さん(三重大学附属病院総合診療科助教)  
若林英樹さん(三重大学附属病院総合診療科講師) 
小嶋秀治さん(三重大学医学部亀山地域医療学講座助教) 
近藤誠吾さん(亀山市立医療センター医師) 
◆講演概要
地域医療について4回連続講座の最終回ということで、参加者と医療関係者とで、 ワールドカフェを行いました。地域包括ケアについて学んだことの振り返りや、 課題の掘り起こし等を会話を通してお互いに理解を深めました。
◆主な意見  
医療者だけでなく住民主体の力はとても大きいと実感  
地域の個々のボランティアでやっている活動を連携すれば更に良くなる  
亀山では医療、福祉の取り組みがいろいろあることが分かった  

講座の様子


亀山市総合環境研究センター

〒519-0166
三重県亀山市布気町442番地

TEL 0595-84-3611